Goldman Sachs Asset Management

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社

今、アメリカで何が起きている?強いアメリカに投資するアメリカン・パワー
  • シリコンバレー
  • フェニックス
  • テキサス
  • ニューヨーク州
  • アトランタ

言わずと知れた米国IT産業の中心地、シリコンバレー。アップル、グーグル、ヤフーなどハイテク企業の数々が本拠を置く。

アリゾナ州フェニックスは2006年以降、住宅価格が最も下落した都市の1つ。その分反発も大きく2012年は23%価格が上昇。

シェールガス革命発祥の地。テキサス州バーネットのシェール構造で初めてシェールガスの実用化に成功。

北東部マーセラスは2006年に確認された開発エリア。現在のところ可採埋蔵量は262Tcfと米国最大級。

機関投資家や不動産ファンドなどが賃貸用として戸建て住宅の購入を進めており、目下割安なアトランタやフロリダが人気。

今注目のポイント①シェール革命

米国が世界最大の石油・天然ガス生産国に

画期的な採掘技術の開発により、2004年頃から米国で天然ガスの生産が急増しています。

米国では、天然ガスが主な発電用資源として利用されており、製造業など幅広い産業における生産コストの低下につながり、またエネルギー輸出国に転ずれば経常収支も大きく改善するため、長期的にも米国の国際競争力向上が見込まれます。

インタビュー動画:U.S. Energy Revolution

photo

今注目のポイント②復活の不動産

不動産取得に魅力的な環境

米国の不動産市場は地域にばらつきがあるものの回復傾向にあります。特に住宅投資の前年比伸び率は、我々は2013年末まで各四半期毎2桁のペースで推移すると予測しています。

金融緩和政策の継続により、30年固定住宅ローン金利は過去最低水準まで低下しています。このため、住宅ローンの家計への負担は和らぐ方向にあり、住宅が取得しやすい水準となっています。

photo

今注目のポイント③ポストPC革命(命名:故スティーブ・ジョブス氏)

スマート・モバイルの普及と
クラウド・コンピューティング

スマートフォンの急速な普及、それに続くタブレット端末の台頭、またその背景にあるクラウド・コンピューティングの急速な広がりは、90年代以降のIT業界の勢力図を大幅に書き換えています。

このような世界的な構造変化をリードしているのは米国企業であり、米国ITセクターには多くの魅力的な収益機会が期待されます。

photo

上記は、あくまで例示をもって理解を深めていただくためのものであり、いかなる個別銘柄の売買、ポートフォリオの構築、投資戦略の採用等を勧誘するものでもありません。 経済、市場等に関する予測は、高い不確実性を伴うものであり、大きく変動する可能性があります。委託会社は、予測値の達成を保証するものではありません。

注目ファンド
  • コロンブスの卵
  • GS ハイ・イールド・ボンド・ファンド
  • GS米国成長株集中投資ファンド
  • 読得(ヨミトク)1分間で読みとくシリーズ詳しくはこちら