五代玲子 ヴァイス・プレジデント コンプライアンス部門, 東京

面接などを通じて得たゴールドマン・サックスの印象は、クライアントに対して少数精鋭で全力で向き合う姿勢を持っていること、また若手にもどんどん仕事を任せてくれそうな社風だということでした。

就職活動を始めた頃は、漠然と何か専門的なスキルを身に付けてアドバイスを提供できるプロフェッショナルになりたいと思っていました。投資銀行はまさにお客様の様々な資金調達のニーズやM&Aなどの戦略的な政策等の課題に対して、金融機関として幅広い提案とサポートをする仕事であり、そこに魅力を感じて投資銀行部門に入社を決めました。面接などを通じて得たゴールドマン・サックスの印象は、クライアントに対して少数精鋭で全力で向き合う姿勢を持っていること、また若手にもどんどん仕事を任せてくれそうな社風だということでした。私もこういう風に仕事ができるようになりたいと強く思った記憶があります。

その後部署を異動し、現在はコンプライアンス部門の証券コンプライアンス部に所属しています。証券部門のエクイティ・グループの営業担当者向けに、法令諸規則の遵守に係るアドバイスやトレーニング、また金融商品取引関連業務に係るポリシーの策定や売買管理等を日々行っています。入社時と部署は違いますが、専門的なスキルをもってアドバイスを行う、という点においては変わらず、自分が目指すプロフェッショナルに近づけるよう日々意識しています。

常にチームで情報を共有し、様々な意見を出し合い仕事をするのがゴールドマン・サックスの特徴です。経験年数等にとらわれることなく、意見を言い合えるのもこの会社の魅力だと思います。他の部署と仕事をすることも多く、例えば資金調達などの案件の際には証券部門や投資銀行部門などと密にやりとりし、新しい法令の施行を受けてオペレーションズやテクノロジー部等と現在のシステムの仕組み等を見直したり、また日本だけでなく海外チームとも日々やりとりをしながら仕事をしています。

私はプロジェクトマネジメントが得意だと思っています。部署や国を超えて、また時には当局や同業他社も含めて、社内外の様々な人と仕事を進める中で、立場や利害が異なる場合も多く、そんな中で効率良く物事を前に進めることは簡単なことではありません。私はどんな会議やプロジェクトでも当事者意識を持って参加し、自分に求められている役割や相手の立場等を理解した上で、最短ルートで同じゴールを目指せるような働きができるよう心がけています。

現在の仕事は主に社内の人たちを相手にすることが多いのですが、投資銀行部門や企業投資部門という社外のお客様を担当させて頂いた経験を生かし、エクイティ・グループの営業担当者の声をよく聞き、彼らがどのようなサービスをお客様に提供したいと考えているのかを理解した上で、アドバイスするように努めています。コンプライアンスの観点から何ができるのか、出来ないのか、どのようなリスクがあるのかをわかりやすく説明し、意見が合わないときには納得できる結論が出るまで様々なアイディアを出し合い、議論します

ライフステージが変わっていく中でゴールドマン・サックスはそれに応じた働き方を社員と一緒に考え、実現してくれます。入社してから10年で、複数の部署の異動を経験し、また結婚・出産と言ったプライベートでの生活の変化も多々ありましたが、今も仕事を続けられているのは会社のサポートのおかげです。妊娠中は満員電車のラッシュアワーを避けた時間帯に通勤できるよう勤務時間をシフトしてもらったり、出産後復帰した際には会社の保育園に娘を預け、日中授乳しに行き、娘の顔を見て私もエネルギー補給をしていました。娘に負担がなるべくかからないように、何かあったときにすぐに飛んでいける距離に預けられたことで、安心して仕事に取り組むことができました。育児と仕事が両立できるか不安に思うこともありますが、理解ある上司や仕事仲間、家族に支えられ、忙しくも充実した毎日を過ごすことができています。

ゴールドマン・サックスは毎日新しい発見がある、スピード感に溢れた会社です。そして社員一人一人が常にプロフェッショナルであることを求められる会社です。当社に応募する際には、自分は何をするのが一番好きなのか、仕事を通じてどのような人になりたいか。しっかり自分自身と向き合ってから応募することをおすすめします。少数精鋭で仕事をするチームも多いので、当社の採用プロセスは面接が多いと思いますが、ぜひそれらの機会を活用して「明日この人と一緒に働きたいか」を見極めてもらえればと思います。

 

.